メランコリア

私の中の黒い胆汁が増えたり減ったり
AMAZON | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | author : スポンサードリンク
矛盾連鎖
どうしても自分の価値観に価値を見出せない。

価値を見出していたら、これまで私は生きてこられなかったはずなのだ。

私が何を考えているか、どういう行動をして何を得たのか、そんなことを聞かれても、存在しないものは答えられない。
何も考えていないなんて事はない。
何もしないなんてことはありえない。
成長しなかったことなんてないだろう。
けれども、私にとってそれは些末である。どうでもよいことに気を配れるほど用意周到に生きてなどいない。

無価値である。
早く淘汰されてしまいたい。

今この瞬間は本当でも、少し時間が経てば嘘になるだろう。
けれども今こんなにも、居なくなってしまいたいのだ。

自己嫌悪なのかどうかもわからず、ひたすらに、磨耗していく。
00:56 | 鬱々 | comments(30) | trackbacks(0) | author : kio
ぷれす
 無理であるいらいらして何か壊したくなるわたしの時間はどこにあるのねえちょっとわたしはだれですか

とかいいながら、とてもとても恐れている
04:02 | 鬱々 | comments(0) | trackbacks(0) | author : kio
カルメンはカルメンだからね
  『私を殺そうというんだろ。ちゃんと知っているよ。顔に書いてあるからね。だがね、お前さんの心には従いませんよ。ホセ、お前さんはできない相談を持ちか けているよ。私はもうお前さんにほれてはいないのだよ。ふたりの間のことはすっかりおしまいになったのだよ。お前さんは私のロム(情夫)だから、お前さん のロミ(情婦)を殺す権利はあるよ。だけど、カルメンはどこまでも自由なカルメンだからね、カリに生まれてカリで死にますからね。今では私は何も愛したも のなんかありはしない。そして、私はお前さんにほれたことで自分を憎らしく思っているのだよ。』(メリメ:「カルメン」)

**

自由を好む奔放な女性と読むか
男の人が居ないと生きていけない弱い女性と読むか
自分の考えを曲げないプライドの高い女性と読むか
本当は早く落ち着きたいのにわざと破滅を呼ぶあまのじゃくな女性と読むか
ほかにも色々見方はありそうだけれども
どれも一人の人をあらわす言葉、どれも間違いでどれも正解。

私は、カルメンはひどい人ねと思いながら、
けれどもちょっと素敵だなと、
屈せずに胸を張るのは格好いいような、それでこそカルメンというような
そんな気がしたのでした。


01:52 | 鬱々 | comments(0) | trackbacks(0) | author : kio
浮上
むりだむりだと思って、でも理由がわからなくて余計に混乱して泣きまくっていた昨日とは裏腹
今日はだいぶ健やかに過ごせました

いい意味での「やっぱり」を感じた気がします
結局周囲に影響されやすいということなのかなあ
みんなが笑っていると、それで十分だよと思うのです

暗いところを見ようと思えばいくらでも覗き込めるし
泣こうと思ったら今すぐにでも泣ける
けれども今この瞬間は大丈夫
相変わらず私は失敗ばかりだけれども
今は七転八倒ではなくて七転び八起きのところにいるよ
02:47 | 健全な気分 | comments(0) | trackbacks(0) | author : kio
解釈の誤差について
私は小さい頃からお母さんの様子を伺ってたと思う。
彼女には、機嫌がよい日よくない日があって、
よくない日に、彼女の癇に障るような言動をこちらが起こしてしまうと、
必ずといっていいほど雷が落ちる。
一瞬の雷ならばはいはいと流せても、数時間に渡る豪雨と雷鳴は子供にはつらいことで
だから多少の用心は、日ごろからの習慣だったのだ。
そうは言っても、完全に気持ちを読むことなんてできずに
幾度となく母のお説教を聞く機会はやってきた。
そのほとんどを受け流す形でやり過ごしていたから(数日経ったら内容を忘れているとか)
全力でぶつかってくれていた母には、大変申し訳ないとは思っている。
そういう風に流すのも嫌だし怖いのも嫌だから、顔色を伺っておとなしく生活していて
結果、母と兄との衝突回数よりも、母と私の衝突のほうが、断然少なかったと言える。

このような背景が、今の自分に影響しているのかどうかはわからないけれども
私はどうしても、相手の気持ちを探ってしまう。
何が原因で、どうしてこの人はこういう表情をしているのか。
今言った言葉の意味はなんだろう。
なぜ悲しそうなのか。どうしてちょっと怒った口調になったのか。
相手が楽しそうならばなんの問題はない。
しかし、ネガティブな様子が垣間見えたときに、私はどうしてもそれを改善したくなる。
もしその悲しさやつまらなさがわたしに由来するのもなら、
今すぐ謝るか居なくなるかをしたくなる。ほんとうにごめんなさい。

けれども、この相手の気持ちというのは、最終的にはこちらが想像で決めるものであって
正確な状態はいつだってわからない。
今語調が強かったから怒っているのかなあと思ったところで、それはたまたま強めに言うテストをしていただけなのかもしれず、今眉をひそめたのは、その人が不愉快な思いをしているわけではなく単に頭痛がしていただけなのかもしれず。

いつも、わかった気になっただけで、まるで見当違いな気持ちを汲み取っている気がする。

それでもやっぱり相手の中身を知りたいと思うし、知ろうという意識が働いてしまうのだけれど
それはよくないことなのだろうか。
表面をなぞって、ただ単純に、言葉で言われたことだけを解釈解析していればいいのだろうか。
表情だとか声色だとかというものに、意味は含まれていないのだろうか。
それらに意識を向けることは、果たして無駄なのだろうか。
あるはずのない心を知ろうとすることは、果たして無意味なのだろうか。

00:54 | 鬱々 | comments(6) | trackbacks(0) | author : kio